スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合気道はじめました。


長男が。




長男が小さいころから、それこそ赤ちゃんのころから
何かしら武術をやらせることは考えていて
合気道がなんたるかも知らないまま
「この子には合気道がよかろう」
と私が思い込み

「大きくなったら合気道をやるんだよ~ やるんだよ~」と
刷り込んできていました。

そのわりに私に「・・・面倒だな」と思う気持ちがあって
当初の習い始める予定より1年くらい放置した状態だったのですが

長男がクラスの乱暴者から標的にされる、という状態が続き
「早く習いたい。早く強くなりたい」と
長男が強く希望したこともあって、
私の鉛のように重い腰がようやく持ち上がり
このほど入会のはこびとなりました。




めでたし、めでたし。






それで長男念願の道場通いなのですが
電車を利用します。



なので合気道を始めるにあたって長男は





「きっぷを買う練習する?」
「いつから一人で電車に乗ってもいい?」
「きっぷはおこづかいで買うの?」
「目的の駅に着くなら何の電車に乗ってもいいの?」
「何両目に乗ろうかな」
「あ、定期券買う?」






と、電車の話しかしません。










にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ  ← 合気道に関する質問はゼロ。




長男に持ち上がる「ただ定期的に電車に乗りたかっただけ」疑惑。
スポンサーサイト

魔女パン

2か月以上前の話をしよう。





北の魔女のパンを買った。



暖炉にかかった鍋の、紫色のどろどろした液体を
魔女がうすら笑いをうかべながらかきまぜている…
そんなパンだ。



どんなパンか?


12102102

明朗材料のパンだ。




どろどろした紫の液体はどこへ行ったかって?
そんなものはパンには入っていない。
紫の液体は魔女が夜な夜な自分の養分として摂取しているのだ。
それでアラブへの嫁入りをたくらんでいるらしい。
恐ろしい話だ。


しかしアラブへの嫁入りが実現すると
おそろしい魔女を輸出できるわけだから
それは我が国にとっても福音と言える。
ただ一つ残念な点を挙げるとするならば
魔女めっぽう料理が上手いということだ。

魔女を輸出するということは美味い料理も失うということだから
やはり魔女のアラブ行きは邪魔をするべきなのかもしれん。

さあ、みんなで魔女アラブ行きを邪魔する運動を広げよう。







話がそれた。パンだ。




12102001

北の魔女のフルーツパン。略して魔女パン。






12102103

うっめぇ。魔女パンうっめぇ。







私は北の魔女の黒ごまパン、略して魔女パンが一番好みだった。
あわてて食べたので画像はない。



息子たちは魔女のカップケーキと魔女のマドレーヌ、
略して魔女パンをむさぼり食った。
こちらも慌てて食べたので画像はない。
息子たちは今回も
「まったりまろやか良いお味~」
とピントのずれた感想を述べていた。
(以前の感想→「リポーター」)



魔女が作った十種のパン、略して魔女パンは
魔女が厳選したこだわりの材料、略して魔女材料によって
邪悪な魔法を使うことなく優しいお味に仕上がっており、
ラッピングサービスはないが
贈り物として用いるに耐えうるクオリティである。


さぁ、みんなたちも恐れることなく魔女のパンを堪能したまえ!

魔女の棲家はコチラ→よっちママの食卓

ただ北の魔女は身持ちが堅く、一見さんはお断りらしいので
まずは魔女とお友だちになるところから………始めませんか?(ポッ)

はい、魔女ブログがコチラ→「喜ぶ顔がみたくて




グッドラック!!





にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ  ←アラブの富豪は一見さんでも多分購入可能。





魔女は商品の他にオマケを入れてくれていた。



それがこれ。

12102105

銘茶「まりも茶ん」








まだ飲んでないから何がなんだかわからないが

この写真が

12102106

私の飲欲をそぐことよ・・・








まだ飲んでないから何がなんだかよくわからないが

12102105

北海道の、商品化に対する貪欲な精神を見た思いだ。

 





あそこは熊でもまりもでもジンギスカンでも
本当に何でも商品にしてしまうな・・・
 
優等生の兵庫が、問題児の北海道に変にあこがれて
「ボタン鍋キャラメル」とか出したりしないよう切に願うところだ。

感謝をこめて

勤労感謝の日に先だって
次男が学校で手紙を書いてきました。

12112301

お父さんへ
土日 天王寺イオンへ連れて行ってありがとう
電車でGO!!を前は自分の100円を使ってありがとう




亭主は帰りが遅くていなかったので
次男は私にもじもじしながら見せてきました。

あ~休みの日に遊ぶのが楽しいんだな、って思って
ジ~~~ンとしました。
(ちなみに私は基本的に一緒に行かず家で昼寝)





「あと これもお父ちゃんに作ったんだよ~」

と次男が嬉しそうに差し出したのがこれ(↓)

12112302








12112303

「何これ??」と聞くと



「ゴ○ブ○のおうち。
 これでゴ○○リを捕まえたら
 お父ちゃんが喜ぶと思って~」
















・・・・そーかそーか












12112304

このセロテープは捕獲のためか。







次男が
「お父ちゃん喜ぶかなぁ」
とモジモジしながら言うので
「絶対に喜ぶよ~渡しておくね~」と
言っておきました。





にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ  ← 深夜帰宅した亭主は「喜ぶかい!!」と。




そして今日も亭主と息子たちはゲームをやりに行きました。
 
プロフィール

きみこ

Author:きみこ
息子2人(中3、小6)と暮らしています。兵庫県在住。『バツイチはモテる』と聞いていましたが、それはどうやら都市伝説のようですよ。
 
カテゴリの「パッケージコレクション」は二十年前に中国で買ったもので誤植モノが多いです。皆様に楽しんでいただけたら嬉しいです。

来てくれてありがとう
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
闇ツイート
kimiko_yをフォローしましょう
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
リンクフリーです。相互リンクは現在は受け付けておりません。
メールフォーム
QRコード
QRコード
また来てね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。