スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「聡明なドう工モソ」2

【前回までのあらすじ】

のび犬はドう工モソからもらったきびだんごで
お仲間を探しているところである。






09082601

「難しくてできないわよ。
 で、そういうアンタたちはどうなのよ」






09082602

「のび犬が手伝ってくれてできたんだぜ」
と熱唱、もとい熱弁をふるうジャイアソ。





09082603

「しょうがねぇからお前のも手伝ってやんよ」





09082604

「オメェ、マジカ」





09082605

「アラヤダのび犬さん、スゴォオイ!」
宿題をやってもらって手のひらを返すツズ力。





09082606

「スネ才んとこ行こうゼ」
嬉しさからミュージカルを始めるG。





09082607

例によってスネ才の宿題も片付けた。
「宿題やってやったんだからスネ才んちで遊ばせろよ」





09082608

「ちょ、静かにしろよ。親父が家で仕事してんだぜ」
というスネ才のセリフをなぜか横取るのび犬。





09082609

「そんなの俺がちょちょいのちょいだぜ」
というのび犬のセリフで応酬するスネ才。





09082610

「HAHAHA!! ダディの仕事がお前にできるわけないだろ」
セリフと人物が一致して安堵するきみこ。







にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ   ←今日はここまで。





ドラえもん 1 (藤子・F・不二雄大全集)ドラえもん 1 (藤子・F・不二雄大全集)

小学館 2009-07-24
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


藤子・F・不二雄先生をくれぐれも宜しくお願いします。



コメントの投稿

非公開コメント

No title

きゃああ、ツズカ怖え~!!!!

No title

なかなか、おもしろいですね。
ところで、今さら何を聞いとると思われるかもですが、
中国語できるんですか?すごいですね!
またひとつ尊敬してしまいました。

No title

むちうちジャイアソ・・・。一瞬で青い服になった後、また着替え直したと思ったら・・・首のギブス(?)赤になってるし(笑)

セリフの捕りっこ。想像力がないと、ストーリーも追えないんだ(笑)
大陸って、スゴいところだ。。。

No title

ちょっ

とうとう老眼が始まったかと自分の目を疑うほどのブレよう。

ムチウチGも、首周りの色がコロコロ変わって、ギブスなんだかネギ巻いてんだかわからくなるし。

終いにゃのび犬とスネ才のセリフトレード・・・。

すごいお宝ですね、コレ。

私も欲しい。ネタに困らない。


ま、全てきみこさんのツッコミで成り立ってるんですけどね。

ここまでくると匠の技ですね。嫉妬します。

No title

これはあれですか?
付属のメガネをかけて見ると飛び出して見えるという3D的な・・
ドう工モソの存在を一切感じさせない今回
続きがとても気になります
大陸 マンセー

No title

目が、目がぁぁぁ~あ~あぁぁ~

疲れる・・・。

この本、中国の子らが一冊読んだら
現実世界が平面に見えたりする障害が
起こりそうです。

でもほんと最初から気になってたのですが
きみこさん、中国語がお出来になる!?
適当に書いてるのかと思ってましたが
トレードに気付く辺り、理解されてますね!
すごーい。すごーい。尊敬です!

No title

今回は「ドう工モソ」が一回も出ていないことについて。
それはともかく、ツズ力ちゃんの一瞬見せた表情に殺意が感じられたのは私だけですか?
ところで、この話の元になったと思われる原作(?)が、大全集の1巻に収録されてますね。

No title

藤子先生が草葉の陰で泣いてる気がします。

しずかちゃんの言うせりふじゃ無いって・・・

と言うか、半そでだったり長袖だったり。
一体季節感は何処に?

No title

中国には「色校」というものがないのでしょうか?
芸術的な版ズレに感動です v-424
ジャイアソは途中、お色直ししてますね~。

ayumiさんへ

このツズ力は見所のうちの一つです。
私は携帯の待ち受けにしています。
ごめんなさい、嘘です。

銀子さんへ

中国語は全くわからないわけではありませんが
英語で言えば中二レベルです。
ですから「なんとな~く、こんな感じ?」というテキトー翻訳なのですが
こんなパクリ作品の翻訳なんて中二レベルで十分だ、と思っています。

まいさんへ

「パッケージコレクション」で紹介した品々もそうなのですが
このいい加減な仕事ぶりは脅威です。
っていうか、お金の発生する仕事のクオリティがこれでいいなら
さぞ気楽に生きられるのでしょうね。
それでも服ぐらい統一して欲しいものです。

アキさんへ

「匠」ですか。
うぉぉぉぉおお……恐れ多い。ガクガク…。

この本、『ネタに困らない』とのことで
確かにその通りなのですが
その『ネタ』を披露する機会は
リアルではなかなかないものなのです。…残念です。

keronさんへ

ふふふ。3Dっぽいでしょう?
でも残念ながら飛び出しては見えません。
実証済みです(笑)

彩さんへ

中国語は、全く分からないわけではありませんが
英語で言うなら中二レベルです。
セリフのトレードは吹き出しに何故か
「Tom said,」とか「Mike said,」的なことまで
書いてあるので、中二レベルでも気づけます(笑)
ですから尊敬なぞしないでください。

さぁ、目の疲れるこの作品で、明日も癒されてくださいネ☆

黒田裕樹さんへ

ドう工モソは最初の方に出てたんですけどね、バッサリカットしました(笑)
元ネタは大全集の1巻に確かにありますね。
てんとう虫コミックスだと2巻だったかな?

koh兄さんへ

藤子先生が草葉の陰で泣いていらっしゃいますか…
ガラの悪いセリフを勝手にあてがって、すいません。ごめんなさい。
でもまぁ、これはしずかちゃんじゃなくてツズ力ちゃんですから。

> 半そでだったり長袖だったり。
季節感をなくして1年中通用するように、という作戦なのでしょうか。
・・・・・・本当に、ひどい・・・・・。

ぴん栗さんへ

色校、ないんでしょうねぇ。
逆にこんな作品で「色校しました」って言われた方がビックリします。
版ズレも「版ズレ」と言ってしまっていいのかどうか
迷ってしまうほどですよね。
わざとなんでしょ?って感じです。
プロフィール

きみこ

Author:きみこ
息子2人(中3、小6)と暮らしています。兵庫県在住。『バツイチはモテる』と聞いていましたが、それはどうやら都市伝説のようですよ。
 
カテゴリの「パッケージコレクション」は二十年前に中国で買ったもので誤植モノが多いです。皆様に楽しんでいただけたら嬉しいです。

来てくれてありがとう
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
闇ツイート
kimiko_yをフォローしましょう
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
リンクフリーです。相互リンクは現在は受け付けておりません。
メールフォーム
QRコード
QRコード
また来てね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。