スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自衛隊まつり

昨日の記事のハシゴ車の方は地区の防災イベントで乗ったんですけど
戦車は日曜日に伊丹駐屯地で開催された
「陸上自衛隊 中部方面隊創隊49周年記念行事」で乗りました。



せっかくなのでこの自衛隊のイベントをレポートします。
長いですけど。
ごめんよ。





まずは伊丹駅からシャトルバスに乗ります。
けっこう頻繁に来ますよ。
イベントの人気が窺えます。

伊丹駐屯地に到着すると、早速手荷物検査です。
30代の私のカバンにはなぜかどんぐりがイッパイ。
恥ずかしい…。

 
 
手荷物検査を突破したら、
家族を置いて私は戦車試乗の整理券配布所へダッシュ!
案内では乗車整理券の事前配布時間は
9時から11時40分となってましたが
9時すぎにはもう既にすごい行列で、
多分30分そこそこで配布は終了したと思います。
戦車の試乗には120センチ以上という身長制限があって
次男は乗れないので、2枚だけもらいました。


そして息子たちと合流して展示物をチョロチョロッと見たら
式典を見るために場所取りです。
用意されていた観覧席はすでに満席状態だったので
グラウンドの端に陣取りました。
早くに行ったので一番前。やった!



しかしここから目当ての観閲行進までの長いこと長いこと…。
なんか曇って来た上に風がキツくて寒いし
足下はぬかるんでるし。
子供は退屈するし。
主人は体調を崩すし。


でもこうなったら意地です。
観閲行進まで粘りました。
 
 
待つこと1時間半。
その間に観閲式というのも行われたのですが
国会議員やら知事やらの祝辞だ電報だと
私たち一家にとってはものっそ退屈なものでした。
感想は「知事……話なげぇな」ぐらいなもんです。
すいません。



そして待ちに待った観閲行進!

 


 
09101904

  生ミサイル、キター!





09101905

生戦車、キタコレーー!!





09101906

ヘリ編隊、クルーーーー!!




と、見所は満載でしたが






09101907

   子供達はずっとこの調子。



   下向くな、行進見れ。







で、色々見た上で結局子供の心に残ったのは





09101901

      行進前の撒水と



09101902
 
       歩兵の行進。





09101903

なぜか持っていたお手製銃で行進の真似をする次男。

てっぽう持って、イッチニ、イッチニって歩くヨー!




そんな感じで結局観閲行進は我々大人だけが盛り上がり
息子たちの心をつかむことはなかったのですが
でもそこは駐屯地。



普段なら絶対に見られないものが満載です。





09101909

     機関銃をかまえたり、




09101908

ズラリと並ぶ自衛隊の車両を触ってみたり。





09101910

ちょうど近くで戦車の試乗をやっていたので、それも見ました。




すると長男がこの日初めて目を輝かせ「僕も乗りたい!」と。






フハハハハハ。
母ちゃん、整理券をゲットしてるんだぜ。
乗せてやるぜ、息子よ。






で、その結果長男はひきつり笑いですよ。


09101803

     なんか怖い…




当然ながら戦車の乗り心地が良いはずもなく
長男のテンションはダダ下がり。



「早く帰ろうよ…」と言われてしまいました。










にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ   ←もう連れて行ってやらん!





私たちは行かなかったんですけど
子供の喜びそうなミニSLとか、エアートランポリンもありましたよ。
模擬店やマーチングパレードもありました。
ほんと、お祭り!って感じでした。



今回のイベントの詳細は→コチラ




伊丹駐屯地ではこの秋の記念行事のほか、
春の歓桜、夏の納涼の時期にも
駐屯地開放が企画されるそうです。
興味のある方は是非ホームページを見てみて下さい。


陸上自衛隊中部方面隊のHPは→コチラ





そして最後に
国防を担う皆様に、感謝!



コメントの投稿

非公開コメント

No title

なんか・・・
時々高速道路や一般道で 自衛隊の車(ジープ等)を見かけるのですが、
あれが怖くて仕方ありません。
昔からです。
戦車も怖い((+_+))

前回の記事でファイヤーマンに心躍ったのに、
今回の記事で私もテンションダダ下がりでした・・・(オブラート!

もちろん戦後生まれですYO!
なのになんでこんなに恐怖心が強いのでしょう。
前世がゆめゆりだったとか。

ぬぉぉぉぉぉぉ!!

夢のような記事です(笑)
ワタクシも子供のころに陸自のお祭りにいったことがありますが
胸がワクワクしますね!!
兵器のお祭りをみてどうなんだ! と思われそうですが、
やっぱり男はね、好きなんですよ、こういうの・・・
戦争反対、平和が一番なのにフクザツ・・・(;´▽`A``

アキさんへ

恐怖を感じるのは女性の持つ感性かもしれませんね。
そう言う私は心躍りましたが。
今後アキさんが自衛隊の車両を見て心躍るようになるとしたら
大災害や戦渦など、何かとてつもなく困って助けられた後でしょうから
そのまま恐怖心を持ち続ける状態が幸せだと思います。

私が車道で自衛隊車両を見かけたときは心躍るというよりも
背筋が若干伸びる気がしますね。ま、基本猫背ですけど。
きっと私の前世も戦争に関わっていたのでしょう。
通信部隊の無線機とか(←無機物!)
現場ではあまり役に立ちませんが、ウワサ話を傍受する感度は最高ランク。
あそこの少将、離婚したんですってよ……と無線機同士でヒソヒソやってました。

そんな前世。

のんパパさんへ

夢のような記事ですか。よかった(笑)
ワクワクするのは男の子の本能でしょうね。
大事なことだと思いますよ。
古今東西、平和は与えられるものではなく勝ち取るものですし。
ま、あまり深くは考えず、お祭りを楽しみましょう。
のんちゃんが大きくなったら、のんパパさんも、是非!

No title

なんというか男の祭りですね~。
オットが興奮してみてました。
それとも今まで触れる機会がなかっただけで
生ミサイルや生戦車を目の前で見たらワタシの血も騒ぐのでしょうか?


戦車よりもミサイルよりもワタシ、
なぜきみこさんの鞄がドングリでいっぱいだったのか
そっちのほうが気になります(笑)
きみこさんのドングリに敬礼!!

ayumiさんへ

どうして私のカバンにドングリがいっぱいだったかって?
それは勿論私が落ちた木の実を放っておけない性格だからです。
ドングリたちの「寂しいよー」「お母さーん」という声が
聞こえて来てしまうからです。
森ガールきみこです。こんにちは。

実際は子供が拾ったどんぐりを片っ端から私のカバンに突っ込むからですが。


> 生ミサイルや生戦車を目の前で見たらワタシの血も騒ぐのでしょうか?
見てみてください(笑)
血が騒いでもドン引きしても「新たな発見」です☆

No title

陸自と聞くと
「右向け左」という少年コミックを思い出します。
厳しい上下関係をコミカルに描いたマンガです。

自衛隊の統率された一糸乱れぬ行動は素晴らしいですよね!
以前住んでたところには空自があったので
年に1回度の航空ショーには必ず足を運んでました。
パイロットに思いっきり手を振ったりして・・・

No title

あぁ~ステキヾ(;☆ω☆)ノ
ネズミ~ランドよりもパラダイスです~。
読んでいてテンション上がっちゃいました(*´・ω・`*)ウヒ

つぶやきさんへ

空自のショーですか。
いいなぁ~、行ってみたい。
海自のショーにも行ってみたいんですよね~。
近かったら行くんだけどなー。

> 自衛隊の統率された一糸乱れぬ行動
私たちが見ていた場所は歩兵の出入り口近くだったんですけど
行進の始まりは右と左を間違えて慌てる人もたくさんいて
なんか微笑ましかったですよ(笑)

ぴん栗さんへ

パ  ラ  ダ  イ  ス !
いや~、新鮮な角度だなぁ。
そういう視点で駐屯地に行くのも一興かもしれませんね。

そっか……パラダイスかー。
プロフィール

きみこ

Author:きみこ
息子2人(中2、小5)と暮らしています。兵庫県在住。『バツイチはモテる』と聞いていましたが、それはどうやら都市伝説のようですよ。
 
カテゴリの「パッケージコレクション」は二十年近く前に中国で買ったもので誤植モノが多いです。皆様に楽しんでいただけたら嬉しいです。

来てくれてありがとう
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
闇ツイート
kimiko_yをフォローしましょう
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
リンクフリーです。相互リンクは現在は受け付けておりません。
メールフォーム
QRコード
QRコード
また来てね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。