スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

善いこと、良い思い出

本日も「毎日闇鍋」にお越しくださりありがとうございます。

唐突ですが「書き留めておきたいな」と思ってしまったので
今日は10年以上前の中国での思い出話をします。




中国ではバスをよく利用しました。
市内の移動はたいていバスでした。
みなさんも御存知のこととは思いますが、あちらには
「整列して乗り物を待つ」という文化がありませんでしたので
乗車時は本当に大変でした。
みんなが一斉に乗車口に殺到するので人の流れは悪いし
巻き込まれるともみくちゃにされました。

そんな弱肉強食の中国でたまたま座席に座れたとき、
途中のバス停で老人が乗って来て
私の近くに立ちました。
このおばあちゃん、見るからに
立ってるのは結構つらいんじゃないかな~
という感じだったのですが
目の前の現地人は知らんぷりです。

…でもまぁ、よく見た光景です。

ただその時はいつもと違い、私は座席に座っていて
かつ近くにいましたので
「こっちこっち! こっちどうぞ~」と
ジェスチャーと片言の中国語で席をゆずりました。
するとおばあちゃんはかなり驚いた様子で、
「え? え? 本当に??」という感じの
日本で席をゆずったときにはまず見かけない、
すばらしい動揺ぶりでした。

席をかわると
「あんた何人だい? 日本人? そーかいそーかい」
と話しかけてきて、まぁ他にも色々言われた気がしますが
こっちはチンプンカンプンなので、後は目的地まで静かにしてました。
でもおばあちゃんはずっと、すごく嬉しそうでした。
そして降りるときにも本当に嬉しそうにお礼を言ってくれて
座席を返して(?)くれました。

おわり。







もういっこ。

中国の露店で買い物をすると
ふっかけられるのは日常茶飯事だったので
現地人と喧嘩をたくさんしました。
でも果物などの食べ物の露店では
ぼったくられることは殆どなく、
けっこう気を抜いて買い物をすることができました。

ある日、量り売りのみかんを買ったとき
おつりの金額が違うことに気づきました。

おつりが多かったのです。

これはレアケースです。
おつりが少ないこと(←わざとと思われる)は良くありましたが。
(もちろん少ないときは「テメェコノヤロー30円少ねぇぞ!」と喧嘩です)

私は「おつりが多いから返す」と差額分の小銭を差し出しました。
そのとき、お店のおばちゃんはろくに確かめもせず
お金を受け取るんだろうと思っていました。
おばちゃんが損する話ではないからです。
でも予想に反しておばちゃんは
「そんなはずはない!私はちゃんと計算してる」
お金を受け取ろうとしませんでした。

「いやいや、多いって」と私が食い下がったら
おばちゃんは「いいか、よく見てろ」とそろばんを持ち出し
私の目の前でパチパチと計算し始めました。
そして
「アイヤー間違ってたわ」
と照れ笑いをしてから、差額を受け取ってくれました。

そして「ありがとありがと、またおいで」
見送ってくれました。

その直後、後ろの方で
「あれ日本人やで」
近くの同業者と話しているのが聞こえてきました。
 
おわり。






にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ  ←中国人萌えもあったのよ、って話。




ときどきね、可愛らしくて好きでした。
ときどきね。


コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは~
いいお話ですね~。
どうも中国は苦手意識がつよいですけど、
この話読むと、人間臭いっていうか、憎めないですね。

自分自身も、中国でうろついていたら、
大声ではりあったりして、素の自分にであえるかもしれない・・・
と思いました。ま、気取って生きてるわけでもないんですけど。

海外旅行も、風景見てるだけじゃ、いくら美しくても
私の場合すぐ飽きちゃう。
人間からんでくると、面白いよね。
外にでると、知らず日の丸しょってません?
ああ、日本人なんだ。。。といつも思いました。

No title

きみこさん、中国語話せるんですね~!
すごいわぁ!!
私なんて、「謝謝」って言っても相手は「?」な顔してたもん。
そして思いましたよ!
中国の思い出って本を書けばよいのでは?
日本人の良心が中国では奇跡のような出来事だって話を
たくさん聞きたいなって思ったし
それを読んだ人は、「日本人て素晴らしいじゃん!よし!オレもこれから日本人としてきみこさんみたいに席譲ったり多い分のおつりを返したりするぞ!」って思って
日本人のステータスが上がって行くと思う。
印税ガボガボ入って、日本人の格上げに貢献したきみこさんはスター!
そんなきみこさんにこうしてコメントした私はスターとお友達ってことで・・・。
これからも末長くヨロシクっす!!

No title

私が妊婦のとき、都内の混んでる電車で
たった一度だけ席を譲ってもらったことがあります
中国の人でした

中国の人のプライドの高さってスゴイよね?
私なら笑ってお釣りかえしてもらうもんな~
自分は絶対に間違ってないって自信は
ときどき羨ましくなるね
ときどきね

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

日本人としては普通のことが
中国では、「神」なんだね。

日本人の良いところをしっかりアピールして、
友好に役立つようにおねがいします。

aaconeeさんへ

そうそう、人間臭いです(笑)
このほんわか話の影で山ほど喧嘩してますし。
私も市場の箱を蹴ったりして(笑)かなり素行が悪かったです。
こっちも悪かったなぁ、と思うこともありましたが
「ま、中国だし、いっか☆」と思うことにしてます。
そういう意味では中国に甘えさせてもらってました。

ほんと、人とのコミニュケーションの方が
印象に残りますね。

日の丸もしょってると思います。
ただ私は良い「日本人代表」ではなかったことは認めます。
いっぱい喧嘩したし…ベロベロバー的なこともしたし…
でもまぁ、そこは中国ですから(笑) てへ☆

つぶやきさんへ

盛り上がっているところ申し訳ないのですが
日本人の良心が中国で喜ばれた話は
これで打ち止めです…

私の中には…もう……ありません……

すみませぬ…あいすみませぬ…
 

ぞをさんへ

中国人が羨ましくなることはありますねぇ。
その自信もさることながら、あのたくましさ!
厳しい環境がそうさせるんでしょうかねぇ。
あのたくましさは心底うらやましいです。
でも厳しい環境はイヤなのです…

都内の電車で中国人に優しくしてもらえて良かったですね。
日本人は何しとるんじゃー!
 

No title

良い話ですね。疲れた心に染みました。

中国人のいやなところと一般的に言われるところって
人間の本質と言うか、誰もが持ってる部分なんですよね。
きっと。
だから自分のくらい部分を見せつけられるようで不愉快になるんじゃないでしょうか。

本の内容。このままこう言うことで良いんじゃないですか?!
題名は「ありのままのキミコ。~ある育児ブロガーの日常」みたいな。
帯ならいつでも書きますよ。

カギコメさんへ

そうですね、文化の違いだと思います。

お題「中華」ですね。
ありがとうございまーす☆
 

ナンヨウハギさんへ

「神」と言えるのかどうかは分かりませんが
「道徳」は大事だな、と思いました。
だから「子どもを世界に共通する人物に!」→「英会話へ」
という流れに私は若干の違和感を抱いています。
個人的に世界に共通するのは英会話ではなく
「道徳」ではないかと思います。
語学が手段として必要であることは確かなのですが。

そして友好に役立ちたい気持ちもあるのですが
先立つもの(お金)がありません。シクシク…
海外旅行したいよーーーん!!

keymathさんへ

私も中国人のいやなところや日本人のいやなところも
人間が共通して持っている部分のどこが特化してるか、
ということだと思うのですが、そこが面白くもありますね~。

え!? keymathさんが帯を書いてくださるんですか?
できれば私も帯を書く役の方がいいです…
 

気持ちなんだよね

心がけやちょっとした気配り

世界中のひとがもってくれたら

世の中もっと生きやすいのにね

素敵なノンフィクションありがとうきみこ先生

No title

心があったかくなるお話でしたわ。
中国人、ちょっと好きになったわぁ。
きみこさんは日本人の印象を良くしてくれてエライ。
わたしもかくあらねば。
海外旅行予定はないけれど、忘れないようにする!

No title

いい話だわぁ。きみこさんの中国放浪記、すごく面白そう。
旅行のきっかけや、同行者とのロマンティックな思い出も、読んでみたいです。

それから、きみこさんのナンヨウハギさんへのコメントにすごく同感しました。
時々、バイトで小学校で英語の授業をするのですが、「国際化=英語」という感じに、
どうもついて行けないな、と思ってました。世界に通用する人材というのは、
きみこさんが出会ったような中国人が隣に越してきて、ゴミ出しの分別を守らないとき、
臆せずにジェスチャー使ってでも、事情を説明してあげれるような人のことをいうのでしょう。
英語は便利だけど、道徳心や寛容な心の方も大事だと思います。

なんか、ややこしいこと書いちゃいました。次の回想記も期待してます。

No title

こんにちはm(_ _)m
いい話ですね(・`ω´・(-`ω´-)ウンウン素晴らしい話だ。
あちらの国ではお年寄りに席を譲る文化が無いのかな?
って思ってしまいました。

中国人は同族を大切にするイメージがあったのですが、
弱肉強食だったんですね(T_T)

よっちママさんへ

そうですね。
ちょっとした気配りは大事ですね。
とりあえずみんな、お買い物したときに
お店の人に「ありがとう」と言うところから
始めてみませんか?
それだけで世界が少し違って見えるかもしれません。

・・・的なことを神主さんが言ってました。
 

彩さんへ

中国人がちょっと好きになりましたか?
うふふ。
でもイヤなヤツも山ほどいたから注意が必要よ! アハッ☆

私は日本人の印象を悪くするようなこともしてましたので
全然えらくはないです・・・。
北京の観光地の露店では手足をジタバタさせてお土産の商品を
ねぎったしな・・・お店の兄ちゃん、ニガワラってたよ。

海外旅行したいねぇ。私も予定ないけどしたいよー!
 

ぱんだんすさんへ

え? 同行者とのロマンティックな何だって??
ヽ(`Д´)ノ
旅行のきっかけは「周りに流されて」です(キリッ

ぱんだんすさんへ英語がおできになるのですねー!
すごい~。尊敬します。
私は語学の才能がてんで無いみたいなんですよね。
だから語学力の必要性も身にしみて分かりました。ぐすん。
ただ確実に言えるのは
「現地人並みに喋れても現地人に尊敬はされない」ってことですね。
喋れない私が言うのもアレですが。
「おっ♡」という感じで見る目をガラッと変えてくれるのは
やはり特別な才能(能力・技術)を見せたときや
道徳心を見せたときみたいです。

だから私みたいに能力もなく、努力もキライなタイプの人間には
練習とか勉強とかしなくてもいい「道徳」がオススメ!!
お得ダヨ☆☆☆(何を言っとるんだ私は・・・)
 

夢勇さんへ

お年寄りに席を譲る習慣は、私が見た範囲では無かったですねぇ。
ちなみにシドニーでは男性が女性に席を譲る光景を何度も見ました。
「すげぇなぁ」と思いましたが「あれは要らんなぁ」とも思いました。

中国人は仲良くなると、すっごく良くしてくれるらしいですよ。
その範囲の外の人にはすっごく厳しいらしいです。
それだけ厳しい環境だ、ということでしょうね。
中国も経済状況や価値観がどんどん変わってきてるそうですから
余裕の出来た人から少しずつ、他人にも優しくなっていって欲しいですね。
  
プロフィール

きみこ

Author:きみこ
息子2人(中3、小6)と暮らしています。兵庫県在住。『バツイチはモテる』と聞いていましたが、それはどうやら都市伝説のようですよ。
 
カテゴリの「パッケージコレクション」は二十年前に中国で買ったもので誤植モノが多いです。皆様に楽しんでいただけたら嬉しいです。

来てくれてありがとう
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
闇ツイート
kimiko_yをフォローしましょう
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
リンクフリーです。相互リンクは現在は受け付けておりません。
メールフォーム
QRコード
QRコード
また来てね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。